子犬を育てる人|ペットに玄米を食べさせる|犬の癌も早期治療で改善可能

ペットに玄米を食べさせる|犬の癌も早期治療で改善可能

このエントリーをはてなブックマークに追加

子犬を育てる人

ドッグと猫

犬の社会化

子犬はブリーダーと呼ばれている、繁殖業者によって育てられます。ブリーダーは自分が飼っている親犬に子犬を生ませて、子犬をほしい人や子犬を扱っているペット業者に売ります。ペット業者が購入した子犬は、町の中にあるペットショップやデパートなどのペット売り場に連れて行かれることになります。生まれたての子犬が健やかに育っていくためには、飼い主の手に渡る前に母親や兄弟とたくさんふれあって、この世界の色々な刺激に十分になれることが必要になってきます。これを子犬の社会化と言っていますが、この子犬の社会化を見守って、子犬が病気にならないように清潔で安全な環境を用意するのが、ブリーダーの役目になっています。ブリーダーは子犬の社会化が済んだあとで、子犬を飼い主に渡すことになります。

暖かい人に育てられた犬を

犬を思いやって子犬を大事に育ててくれる素晴らしいブリーダーも、この世の中にはいます。儲けよりも犬が好きだからと言って子犬を手塩にかけて育て、犬の雑誌やホームページを通して、こじんまりと飼い主を捜しているブリーダーもいます。ブリーダーの中には血統など優れた犬を育てることにこだわる人もいますが、そういうことより元気で人懐こく家庭犬としてうまくやっていけるような犬を、育てていきたいと考えている人もいます。犬を飼いたいと思ったら、ブリーダーを探して飼っている現場を見学させてもらうことが大事です。犬を大事に育てている人ならば嫌がらずに見学をさせてくれます。後悔がないワンちゃん選びをするのなら、子犬にも飼い主にも気配りをしてくれる暖かいブリーダーに育てられた犬を飼うことが重要です。